CAMPFIRE Owners

スタートガイド

リスクの考え方

全ファンドに共通するリスク

リスク

投資家とCAMPFIRE社との間で締結する匿名組合契約は、CAMPFIRE社が行う貸付事業への出資を内容とする契約であり、元本が保証されているものではありません。主に以下の理由により、投資元本の一部または全部の償還を受けられない場合があります。

※ここでの説明は、分かり易さを重視した簡潔な説明であり、全てのリスクを網羅するものではありません。投資の申込の際には重要事項説明書におけるリスク説明を必ずご確認下さい。

※ファンド固有のリスクについては各ファンドの詳細ページをご確認ください。

1.概要

匿名組合出資は、元本が保証されているものではありません。匿名組合出資持分の取得にあたりましては、この書面のほか、取引約款及び匿名組合約款をあらかじめ十分にお読みいただき、特性やリスクを十分にご理解いただいたうえで、お客様ご自身の判断と責任において取引を行っていただきますようお願い申し上げます。

2.金融市場との連動リスク

本匿名組合出資持分の売却は制限されており、当社及び営業者の承諾が必要となります。また、本営業の投資対象資産である貸付債権は、 金融商品市場で取引されるものではないため市場価格はないものの、第三者への売却価格を決定する際は、市場動向の影響を受けることがあります。さらに、市場流通を前提としないため、評価額や売却額が低く評価される可能性があるなど、お客様に損失が発生する場合があります。

3.信用リスク

(1)借入人
お客様は、営業者が本借入人に対し、金銭を貸し付ける事業に対して出資することとなります。そして、本借入人から営業者に対する貸付金の返済及び利息の一部が、営業者からお客様への出資金の返還及び利益分配に充てられることとなります。従って、本借入人の破産その他の信用状況が悪化により、本借入人の債務の弁済が不能または停滞し、その結果、お客様が出資した元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。なお、本営業においては、借入人を複数とすることによるリスクの分散は行っておりません。また、借入人に対する利率の設定は、営業者において借入人の信用のみならず資金使途の性格等の諸般の事情を考慮の上決定されています。従って、貸出利率(及びこれに関連して予定利回り)の高低と借入人の信用リスクの大小は必ずしも関係するものではありません。

(2)営業者
営業者は、本匿名組合契約に基づき、お客様から出資を受けた金銭を原資として本借入人に対して貸付けを行い、本借入人からの元本及び利息の弁済を受けることでお客様に配当及び償還を行います。従って、営業者の破産その他の信用状況の悪化により、お客様に対して本匿名組合出資金の全額を返済できなくなり、その結果、お客様の本匿名組合出資金の元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。

(3)当社の信用状況による影響
当社は、営業者から本匿名組合出資持分の募集等の取扱いを受託しており、本匿名組合に関するお客様と営業者間の金銭の授受は、当社を経由して行われます。当社は、お客様の本匿名組合出資金について、分別管理専用の銀行預金口座で適切に分別管理いたしますが、当社の破産その他の信用状況の悪化により当社の送金事務等が不能または停滞する可能性があり、その結果、お客様の出資した元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。

(4)取引金融機関
営業者、本借入人又は当社が利用する金融機関が破綻した場合、営業者、本借入人又は当社の業務に重大な支障が生じ、お客様の出資した元本額が欠損し、損失が発生する場合があります。

(5)資金需要者※
資金需要者は、本借入人との契約に基づき、本借入人から貸付けを受け、当該借入金を原資として事業を行い、本借入人に元本及び利息の弁済を行います。本借入人は、原則として、その弁済された金銭を原資として営業者に対して元本及び利息の支払いを行います。 従って、資金需要者の破産その他の信用力の悪化により資金需要者の業務が不能又は停滞し、その結果、お客様の出資した元本額が欠損し、損失が発生する場合があります。

※資金需要者は、匿名組合契約スキームによりその存在の有無が異なります。

(6)保証人
営業者と第三者との間で保証契約(連帯保証契約を含みます。)を締結する場合がございます。保証人(連帯保証人を含みます。以下同じ)を付した貸し付けであったとしても、同様に保証人の破産その他信用状況が悪化により、保証債務の履行が不能または停滞し、その結果、お客様の出資した元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。

4.無担保リスク

当社は貸し付けを行うにあたり、借入人等より担保権を取得することは想定しておりません(いわゆる無担保貸付)。従って、本借入人の信用状況が悪化し本借入人の債務の弁済が不能または停滞した際、担保付きの貸付けと比べ貸付債権の回収額が低くなる可能性があり、その結果、お客様が出資した元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。

5.流動性リスク

(1)営業者が発行する本匿名組合出資持分
営業者が発行する本匿名組合出資持分は、流通市場がないため、償還金又は分配金の受領以外の方法によって換金を行うことは一般に困難です。

(2)営業者の本借入人に対する貸付債権
本営業において営業者が本借入人に対して貸付けにより取得する貸付債権は、流通市場がないため、償還金又は分配金の受領以外の方法で換金又は現金評価を行うことは一般に困難です。

(3)本借入人の資金需要者※に対する貸付債権
本営業において、本借入人が資金需要者に対する貸付けにより取得する貸付債権は、流通市場がないため、償還金又は分配金の受領以外の方法で換金又は現金評価を行うことは一般に困難です。

※資金需要者は、匿名組合契約スキームによりその存在の有無が異なります。

6.税制・法規制に関するリスク

(1)税務上のリスク
本営業に関連する税法(本国又は海外当局)の規定又はその解釈に変更が生じた場合、本営業における税負担が想定外に増加する可能性があります。

(2)税制等の変更リスク
本営業の遂行に影響を与える税法の変更が行われる可能性があり、その場合、本営業における税負担が想定外に増加する可能性があります。

(3)法制度の変更リスク
本営業の遂行に影響を与える法制度の変更が行われる可能性があり、その場合、本営業における収益の減少又は費用の増加がもたらされる可能性があります。

7.為替変動リスク

本営業においては、営業者がお客様より出資を受ける通貨の種類及び営業者が金銭消費貸借契約に基づき本借入人に対して貸し付ける通貨の種類と本借入人が事業を行い営業者に対して返済する通貨の種類とが異なる場合があります。このように通貨の種類が異なることにより、為替相場の変動によっては、金銭消費貸借契約に基づく本借入人による営業者に対する返済原資が不足し、当該金銭消費貸借契約に基づく元利金の返済が繰り延べられること、返済されないこと、又は当該金銭消費貸借契約に基づく貸付金額に比して元本及び利息の返済金額が低額となる可能性があり、その結果、お客様が出資した元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。

8.金利変動リスク

一般に、貸付債権の金利水準は、各国の中央銀行が決定する政策金利、市場 金利の水準や金融機関の貸付金利の変化等に影響を受け変動します。これらの要因で貸付債権の評価額等も変動することが想定され、その結果、お客様が出資した元本額が欠損し、損失が発生する可能性があります。

9. その他要因によるリスク

営業者その他の関係者の事務的過誤のほか、金融市場の混乱や緊急事態(地震、台風、火災その他の自然災害、又は戦争、内乱、テロその他の人為的災害)により、本営業の遂行に重大な支障が生じた結果、本営業の収益の減少又は費用の増大がもたらされる可能性があります。